スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトムターン 69.5

今日は昼過ぎから海に。
ホームの勝浦は乗れるような波が立っていなかったので、ちょっとはましな釣川河口へ。
カヤッカーは居らず、ロングライドできる波が立っている河口部には上手なボードサーファーが多数。
沈脱するような奴はお呼びじゃない感じだったので、東側の消波テトラの切れ目へ。


今日の課題は、ボトムターン。
やっぱり、タイミングが難しい。
早すぎるとただのダイアゴナルランになってしまうし、遅いとボトムで失速してしまう。
リベンジはハルスピードが遅いので、プレーニンング状態をはずすと後は波に押されてサーフィンにならない。(多分もうちょっと痩せれば、もうちょっとましになるのだろうけど。)

スピードをあまり殺さず、ハルの自然なカーブを使ってターンできた(つもりになれた)のは今日は2回だけ。
ボトムターンは、波のボトムでのターンだから、その名が付いたんだろうけど、動作としては艇がプレーニングして加速するときにバウが浮いてくるのを利用して回るターンのようにも感じる。
バウが上がる方向を滑らかに倒していけば、スピードを殺さないボトムターンができるようになるんじゃないだろうか?

等と考えながら、テイクオフを繰り返していると、徐々に波が上がってきて、久々に乗り応えが有る大きさに。
有る程度波が大きくなると、さすがにシットオンより動きが良いので楽。
が・・、今度はロールの問題が浮き彫りに・・・
乱れた波が連続で来る状態だと、上がりきれない。

今日上手になったことは、ジタバタロールの途中で息継ぎをすること、もう少し上手になればエンドレスでジタバタできるかも。
本来のロールではなく、変なテクが身につきそうな気配・・・
いしDさんお勧めのロングロールは、やっぱり平水でしっかり練習してからじゃないと本番でいきなり考えながらはやれない。

大きな反省点は、ジタバタしているときに防波堤に近寄っていたことがあったこと。
自分の今の腕では、近寄ってはいけない場所だった。
夢中になっても、安全マージンはしっかり確保しないといけない。

スポンサーサイト

テーマ : サーフカヤック - ジャンル : 日記

エントリー 70.5

昨夜、申し込みをFAXした。今日、振込手続き済み。
もう後には引けない。頑張らなくては。

昨日、実行委員会の方からメールがあり、このブログも宮崎カップのHPでリンクされるとのこと。
練習をさぼるとばれる?尚更頑張らなくては・・・

テーマ : サーフカヤック - ジャンル : 日記

フィンのセッティング 69.5

今日は、フィンをサンターを後端より1.5?、スラスターを4?の設定。

直進性もあり、リーニングにも敏感に反応するセッティングになった。
今の自分にはベストかも。
今日は波が上がらず、最高でカヤックに乗って見て、水平線がちょっと隠れる程度だったが、ちゃんと乗れた。

これくらいの緩い波だとボトムターン、パワーゾーンキープのためのカットバックもなんとかやれる。
ただ、スピードが出ていないので、スピードを維持してやれるのかは不明。

やはり体重移動がなめらかに出来ていない。
勢い良く体を傾けようとするあまり、反対側を落してしまう。
今日の波ではごまかしが効いたが、もっと立った波なら厳しいだろう。


ロールの方はセットで行えば右のCtoCは出来る。

が、左はぜんぜんだめ、右のスウィープも艇の後ろのボリュームが無いため体重が後ろに残る形だとスターンが45度沈んだ状態で上がることになり、そのままバランスを崩して沈。
スウィープで上がるなら、上がった後45度沈んだスターンを戻すために、同側にエッジングしながら、そのままリバーススウィープを入れないとダメのよう。
それなら初めからリバースで上がった方が良い。
この艇で実用的なロールは、CtoCと体重前に残せるリバースのスウィープロールになりそう。

今日の収穫は、諦めなければ4回以上は試みれることが判ったことか。
ちなみに今日は沈脱1回もなし。


脱臼後1年の左肩のハンデは大きく、今日は左のスウィープがど下手になっていることが判明。
左のスウィープの練習をしていると平水でもコケるのでロールの練習になってしまっていた。
筋力(特に可動域も少し落ちている外旋方向)と細かい調整能力(proprioceptionも含めて)が落ちているのを実感する。
トレーニングをしないといけない。
うちわあおぎとゴムバンドをしていこう。

サーフカヤック練習開始

シットイン サーフカヤック初心者の練習ログ


艇はMega Revenge
(コア・アウトフィッターズさんのところで中古艇を購入。)
220cmと短めの艇。
体重69キロの初心者が乗る艇では無いのかも知れませんが、それまで乗っていたシットオンでは出来ない動きが出来る艇をと考え購入に踏み切る。

今日で乗るのは4回目。

まだロールの成功率は5割くらい。右のCtoCしか出来ないから、こんなものか。
目標は前後左右のスウィープロールですが、道のりは遠し。
寒くなる前に出来るようにならないと。

テイクオフはだいぶ出来るようになってきた。
艇が短いため加速時のトリムに敏感。
体重移動に敏感に反応するので、まだシットオンの大きく体重をかける癖が抜けず、その瞬間逆の動きを艇がするのでそこで失速してしまう。
ゆっくりなめらかに体重移動するよう体に覚え込まさないといけない。

ボトムターンは、曲がるのは曲がるが、スピードが乗らない。
これも、トリムの問題が大きそう。
また、大柄のシットオンよりプレーニングした前後のスピード差が大きいためターンのタイミングがシビア。しっかり集中してやらないと、タイミングを逸してターンする前にボトムまで落ちて失速してしまう。

トップターンやカットバックは、曲げるだけならシットオンとは比較にならないくらい楽。
けれど、殆ど失速して曲がっている。


大波に乗るのは楽しい。
スピードが速いし、体重移動だけで艇が回ってパワーゾーンキープが出来る。

今まで出来なかった、フィンの調整。
後ろ寄りだと直進性が上がって、テイクオフやダイナゴナルランが容易になる。
前寄りだと、ターン特性が上がっていく。

セッティング覚え
腰波69?
センター、スラスターともボックスの中心。
テイクオフに手こずる。乗った後のターンは楽。

両者とも ボックス最後端のセッティングから2cm前
直進性が向上。トップターンまで持ち込むのは難しい。

更にセンターのみ4?前 あまり変わらず。
次回は、スラスターも4?前にして試してみる。

次からはスープゾーンでで徹底的にボトムターンの練習をしよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。