スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎カップ

今年の宮崎カップは小雨が時々降る中、膝から腰波で条件はそんなに良くはなかったのですが、サーファージャッジの方がコメントされていたように、終始和気あいあいとして楽しむことを忘れず、かつ真剣に競い合える良い大会でしした。
小波をものともしない巧みなボートコントロールを見せる上位陣のライディングに感動しました。

そんな感じで主催者サイドと他の選手には感謝感謝。
が、僕自身は・・・・・

クォーターファイナルまでなんとか進んだものの墜落寸前の低空飛行。
スコアも最高で6.2と伸びず。
テイクオフからスピードが出せず、その後もグダグダでサーフィンになっていないライディングも多かった。

まだまだ修行が足りません。
課題が沢山。


第1は小波の時の練習を充分にしていなかったこと。

小波の時は体重移動を繊細にやらないとサーフィンにならない。

テイクオフでゆっくり後傾して波の斜面に艇の角度をあわせて抵抗を減らし加速すること。
プレーニング状態になってスターンがしっかり支えられたら、そこからボトムターンまではすばやく前傾を強めながらその反作用でバウを上げること。
ボトムターンでの体のリーニングはしっかり、艇のエッジングは抵抗を増やさない範囲でコントロールすること。
ボトムターンからの脱出では、スピードが落ちてスターンの浮力が落ちても抵抗が増えないようにバウを下げ、リーニングやエッジングをフェイスに合せる様に戻すこと。
トップターンはリップの反発力を期待せずに、早めの体重移動でバウを落としていくこと。

早い体重移動とゆっくりした体重移動の使い分けもいい加減だった。
せっかく良いポジションでトップターンに入ったのに、バウの引き上げが足りずにそのままパーリングしてしまっていた。

大会翌日にはせっせと練習して、少しは乗り方を掴めたものの後の祭りとはまさにこのこと。


ついつい大きな波を求めて右往左往したり、小波だとつまらないから乗らなかったりしていたけれど、大会に競技者として出るにはそういう心構えではいけないんだなと身に沁みました。

打ち上げ飲み会で大西さんが「どんな波のときも練習する課題が有る」、翌日のサーフィンでJogoさんが「まずは海に入ってみないと」というような話はサーフィン競技者としては本当に大事なことですね。

今度の大会のDVDには小波を上手に乗りこなすヒントがたくさんあると思うので楽しみです。


第2は体重管理の失敗。

去年はそれなりに波があったのごまかせたけれど、今年は小波でごまかしが効かず。
大会2ヶ月前からチョコチョコッと調整してとか考えていたけれどなかなか減らず、大会前1ヶ月からジム通い。
結構頑張ったけれど間に合わずに結局68キロ台。
体重が増えると、テイクオフの加速は悪くなるし、サーフィン状態に入るのも遅れるしで良いことなし。

大会中はみんなに艇を買い換えることを勧められ・・・

減量は常日頃の努力が大事でした。


第3はフィンのセッティングのミス

単純に宮崎=大波のイメージで直前になって新しいフィンに換えて、位置も後ろ目につけたけれど、それが裏目に。

新しいフィンは磨り減っていないから大きく、予想以上に抵抗が大きかった。
その上、ボトムターンの手前でスピードが乗るとブィーンスラスターフィンがうなり、肝心のところで茶々を入れられる感じでいただけなかった。新しいスラスターフィンはリーディングエッジの丸め加工もしてなかった。
また、後ろ気味に入れたのでターンが少し鈍くなった。

波が小さいなら自分で調整した古いフィンをいつも通りに付けていたほうが良かった。
明らかなセッティングミス。

今回試してみたフィンボックスの隙間埋めは、フィンも違っているので効果が??
(次にフィンを換える時にボックスの隙間のフォームを取り出した段階で一回乗ってみて、効果を確認したいと思います。)

当たり前のことだけど、新しいセッティングはいろいろな条件で試してからから本番で使うべき。
せっかく今までいろいろ試して蓄積したデータが生かせなかったこと、新しく試したことのデータも取れなかったことが本当に残念。



もっと波乗りを楽しめるように、大会で真剣に競いつつ、かつ、心から楽しむ余裕を持てるように、これからも練習を重ねていこうとおもいます。
スポンサーサイト

日帰りサーフ

大会1週間前、日曜日、福岡では波なし。
さだっちさん、Koji君のメールやコメントに後押しされ、思い切って宮崎に。
楽しい仲間と共に、腰、肩、時には頭の良い波に恵まれました。
行って良かった。


でも、またまた課題が・・・

9時ごろから乗り始めて、午前中はまあまあ頑張って乗れていたのですが、午後はダルダルで気合がイマイチ。減量の影響でスタミナ切れか?
これは大会前日のパーティーでしっかり食べればいいのかな?

テイクオフしてレギュラーで行くか、グーフィーで行くか、どこでカットバックするかの判断もなかなか上手に出来ず。
本番までにさだっちさんの「波を聞け!」の極意(ブレイクする波の音をいつも聞いて自分が波のどこに居るかを把握するとのこと)が掴めたら良いけどなあ。

ボトムターンのエッジングもまだ良い角度を体得できずに試行錯誤。
エッジングが足りず横滑りしたり、入れすぎで失速したり。


セッティングは、チビたフィンを新しいフィンに換えたのですが、ボックスに入れるのがキツくて前寄りにしか入らず。
結果、直進性がいまいち。
波のトップへは比較的容易に上がるものの上がりっぱなしでバウを落すのが一苦労。
その上、サイドランの最中にフィンがブーンと唸るので気になって仕方ない。

今日なんとかたたき込んで後ろ寄りにセッティングしましたが・・・固くがっちり嵌まっているのでこれ以上は調整する気が起きない。
本番でセッティングいまいちでも乗り方を合せるしかない。

どうせフィンは動かさないから、フィンボックスの空いた所にはフォームを詰めて隙間を塞ぐ。
唸り対策ということと、以前からフィンボックス3つ分の隙間に水が入っているのと居ないのとではちょっとは(100グラム位?)重さが違うだろうし、フィンボックスのところがポッカリ空いていると水流を巻き込んで抵抗が増えたりフィンへ当たる水流を乱してしまったりする気がしていたので、ちょっと実験。

きついテイクオフからボトムターンのときの艇のボトムがペコペコ撓むのもとても気になる。
だんだん艇がへたってきているのか?ひどくなっている印象。
シートの後ろ、センターフィンボックスの周りをウレタンフォームで補強。
大きなビニール袋を入れてそこに発泡ウレタンを注入。
(乗ってみて具合が悪かったら外せるように。)
前方のもともとある中央の補強用のフォームの隙間もウレタンフォームで接着。
これで少しは剛性が上がると良いのだけど。


今週末はいよいよ本番。
去年よりは上手になっているとは思うもののうまく乗れるか不安がいっぱい。
せっかく良い場所で乗れるので、良い波を生かしたライディングがしたい。

テーマ : サーフカヤック - ジャンル : 日記

減量と体力強化

ブログの更新もせずに何をしているかというと、ひたすら運動してます。
最近やっと体重が68キロ台に時々入るようになりました。

種子島で足を怪我をして運動量が減って、4週間前の宮崎で73キロと危機的な状況。
エッジを入れれば反対側に曲がるし、波のフェイスは上がれなし・・・
愛艇リベンジがぜんぜん言うことを聞いてくれない。
コリャマズいと始めた減量ですが、大会まではなんとかペースを崩さずに行けそうです。

3キロ減ったこの前の日曜日は、なんとか波のフェイスで動けるようになり、まずは一安心。

なんとか大会に65キロ台で臨みたかったのですが、後10日で3キロはやっぱり無理。
うまくいって66キロ台か。


あと、減量のために近くのジムに通い始めて判ったことは、筋力に問題有りということ。
腕力とか腹筋・背筋も、前後の直線的な動きに対応した筋力はそこそこあるのですが、カヤッカーにとって一番大事な体幹のひねりに使う腹斜筋筋力が弱い。
今はそこをセッセと強化しています。
ココを強化すればトップでの鋭いターンにつながるはず。


大会まで気をゆるめず、コンディションをしっかり整えていきたいと思います。

久々の海

今日は久々にサーフカヤック。
実は宮崎から帰って初めて。
この3週間、減量に励み、72キロから69キロへ、3キロ減。

3キロ違うとカヤックの走りが断然違います。
頻発していたテイクオフ時の外傾ターン現象(スピードが乗る前に身体を傾けると、その曲がりたい方向と反対に走っていく)も随分減ってテイクオフも簡単。
サーフィン状態の維持も簡単。

夜な夜な近所のトレーニングジムに通い(うまいこと2カ月お試し1万円コースと言うのがあった。1万円は痛いけど・・・)、自転車漕ぎにクライマー、アークトレーナー(ノルディックトレーナーの簡易版みたいな奴)、泳いで筋トレして・・・食い物を少し我慢したかいがありました。

波自体は10時過ぎから夕方まで居て、良いときで腰くらいでしたが乗りやすいイージーな波。

今日はトップからバウを落す練習。
体重が減ると波のフェイスを上がりやすいです。
リップまで上がって、ちょっと待って(本当はスムーズにトップターンをしたいのだけどスピードが足りません。)、下が掘れたところでバウを落す。

今日は何度かうまく行きました。

体重減るとカヤックサーフィンには良いなあと言うのを実感できた1日でした。
72キロの時に必死になってやってたことが、なんて簡単に出来ることか!
大会まで後3週間。頑張ってもう3キロ落そう。


Y子さんの新艇も持たせてもらったけれど、本当に軽い。
艇を軽くするのも良い走りをするには大事なことなんと思う。
次期次期プロジェクトとして、軽量ベニア・サーフカヤックを作ってみるかなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。