スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大会を終えて その2

反省点は沢山。


波の選択をちゃんとせずに早乗りしてしまったこと。

考えてみたら、ビギナークラスはオープンクラスと同じ広さのエリアを2人で使うので、空間的にも時間的にもオープンクラスより波の選択でぐっと有利でした。
単純計算では、空間3/2倍×チャンス3/2倍=9/4倍も!波の選択では有利。

大会中ずっとオープンクラスの選手のライディングを参考にしていたのが、この時ばかりは仇に。
波の選択も同じようにしてしまい、早々にマキシマムコールを貰ってしまいました。
もっと落ち着いて波を選んで良かったのだと思います。

とりあえず2本乗った後は、1本前より良い波が来るまでは辛抱強く待つという作戦が良かったのかもしれません。
また、今にして思えば、せっかくチームで来たのだから陸上班が良い波が来ているポイントをパドルの合図で示す作戦も良かったかも知れません。(反則?)

とは言うものの、初めての宮崎の波、今まで乗ってきた波に比べるとどれもこれも、悪い波なんて言ったら罰当たりな良い波ばかりなんで、判っていてもやっぱり乗らずには居られなかった様な気も。


第2は、思い上がってしまったこと。

第1R、必死になって沈しないように、パワーゾーンを外さないように頑張って乗った成績が自分にとって望外に良くて、「俺って結構乗れるのかも!」と勘違い。
そして、ヒートの合間の情報でどうすれば得点が上がるのかという情報も流れてきたので、「波をメイクしてやる」という意気込みで第2.3Rへ・・・
その結果は波に料理されることに・・・

せっかくパワーゾーンに入っているのに無意味なターンをしてスピードを失ってしまったり、無理に横に走ろうとしてやはりスピードを失ってパーリングしてしまったり、締めくくりで波をやり過ごすときもバランス崩してブレースを入れないといけなくなって、スッキリしないちぐはぐなライディングになってしまっていました。
その時は、上手くいかないことを焦るばかりでしたが、今になって考えてみたら不自然なことをしていたのだから当然の結果。

スピードを失わない、そのためにパワーゾーンを外さない、そのためのターン、その結果としての良いライディング。逆は無いんだと思います。
サーフィン用語でのメイクmakeの意味は、単純な「作る」ではなくて、「(状況に応じて)上手いことやる」ということなんだろうなと今にして思います。

(反省続く)
スポンサーサイト
コメント

反省点ですか?

今回の大会は、ほんとに良い大会だったと思います。反省点としては、体調管理ができていなかったことが一つ目ですね。やばいなあーとは思ってたもののやっぱりね、です。実は最後のヒートなんか吐きまくってましたもんね、です(咳がたくさん出た後のに時々なるあれです)。案の定、帰りは途中のパーキングでダウン。割れるよーに痛む頭を抱えながら、家に着いたのが深夜2時です。しかも不名誉な第1号がいくつかありました。ヒート中にエリア逸脱第1号(しかも隣のエリアの半分ぐらいまでの超逸脱!)M本さんに「でてますよ!」と言われるまでテイクオフ狙ってましたモンね。ああ、はずかチンドン。(しかしこの逸脱には、伏線があってですね、それについては又いつかお話します) さらに、記憶違いでなければ、マキシマムウェーブをオーバーして乗ったのも、第1号ではなかったでしょうか。しかも、しかも、です。「沈脱失格」も歴史に残る大会第1号であります。(これにもわけがあるのですが、言い訳はいたすまい) しばらく情けなく波間を漂っていましたが、たくしいしいライフセーバーの方にアポロをレスキューしていただき、私も何とか浜にあがることができました。レスキューされたあと、ありがとうございましたとお礼を言ったところ、たくしいしいライフセーバーの方から「いやー楽しそうですね」と言っていただきました。どうもわたくし、笑顔だったみたいです。思わず大きな声で「はい」と答えてしまいました。だって楽しかったんだモン、です。ただ、違う意味で楽しんでいた方も居たわけで、ギャラリー席にもどると、s崎さんや、K島くんが「いやー笑わせてもらいました。」とのコメント。日ごろ二人にえらそうにしていただけに、面目なしと言った態です。今度からネームを「爆笑、沈脱芸人」とか、「失笑、逸脱seven」とか、「漂流、波間のゲロッパー」などと変えようか思い悩む今日この頃です。反省点はいっぱいまりますなあ・・・・・   ただ、まじめに言わせていただければ、あんだけひどいことになっていたのに、今こんなに冗談のようにして話せるのは、安全面に非常に配慮した大会運営があったからです。ジェットスキーについては、いろいろ言われている感もありますが、こと、レスキューのとき、身近に居てくれるだけで、こんなに心強いいものかと思いました。たくましいライフセーバーの方にしても然りです。この点だけでもそう思えるのですから、大会全体の運営についても、なお然りです。ほんとうにありがたいことですね。さて、次回は、どんなことで、大会第1号になろうかな・・・・(全然反省してないということか?)

もっと楽しみたいから

本当に楽しい大会でしたよね。
その楽しい大会を支えるために骨を折ってくれたスタッフが、サーフカヤックを実際にしている実行委員の方以外にも沢山居たということもよく判る大会でした。ボードサーファー、ライフセイバー・・・

選手として出来るだけの事をやる。
それが、そういう方たちへの一番のお礼になるんだと思うんです。

大会のときだけでなく、普段の海でもそうなんだと思うんですが、助け合ってベストを目指すというところが楽しいんだと思うんです。
目指すところは、他人に嫌な思いをさせないで、いかに楽しむか、いかに楽しませるかですよね。

遅コメ失礼

よく見たらyoshiさんは1回戦からすべて10点台!オープンで出ていれば優勝ですね。波の奪い合いがないことを差し引いても大したものです。

SSKさん、体調悪い中、コンソレ2位ですよ。見事じゃないですか。
やっぱ福岡はみなさんレベル高いですね。というより九州全体がレベルアップしてますね。

ボクは宮崎に行くといつも普段の半分くらいしか思っていることができません。
福岡のクソ波(失礼)に飼い慣らされたせいかもしれません。

実は、ココだけの話ですが、
コンソレファイナルは3分残してさっさと上がりました。
4本ほど乗ってそれなりに手応えがあったので、
もうこれ以上乗って妨害や脱艇で失格くらったら意味がないとの考えで。
絶対脱艇しないという保障はありませんから。
こういうのを老獪というのでしょうか?
ま、遊びですから結果はどうあれ楽しんだもの勝ちですから、本当はずっと乗り多感ですけどね。

作戦だったんですね!

てっきりマキシマムだったのだと思ってました。

ポイントを見るとほんと高得点なのが自分でも不思議なんですよ。
切れの有るターンとかテクニカルな動きはそんなにできていないはずなのですが。
続く反省でも書こうと思ってたんですが、トップターンはとうとう最後までカービングではできませんでした。
結果的にゆっくり大きく乗ったのが良かったんでしょうか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。