スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーン・・・だが・・・

今日は気象データをみて、K浦はクリーンな良い波が来るはずと読んだのだけれど、いかんせん波が小。

それでも、きれいな波だったので時々来る腰サイズだと結構沖から波打ち際までロングライドを楽しめたし、ダイアゴナルランの途中でピッチングやローリングを調整するのもやりやすくていろいろ試せてよかったです。


一緒に遊んでいたKさんから、ボトムターンってどうすれば良いの?と質問を受けたのだけれど、いざ聞かれてみると・・・

自分のためにも今ボトムターンで気をつけていることを整理


サーフィンだから、まずはスピードが一番大事な気がする。
早くターンをしすぎると、スピードが乗らずにピボットターンになってさらにスピードが落ちてしまう。
スピードをのせたカービングターンをすることがボトムターンを次のカービングターンにつなげる必須条件。

ピッチングを波の斜面にあわせてドラッグを減らし最大加速を得る。
プレーニング状態に入ってからターンを始める。
パドルを、抵抗にならないようになるべく水面と平行に入れてアウトリガーにしてリーニング、そしてエッジング。

パドルは出来るだけスターンよりに入れて、その押す強さでバウの浮き上がりを調整する。
カービングターンで一番回るところはバウ側のエッジの曲りが強いところだし、バウを上げない方がスピードを殺さないので、ここでは出来るだけバウを低く保つ。

エッジングの角度はスピード次第で調整する。
スピードが速ければ、遠くに体を倒すようにリーニングして、エッジングも強く。
遅ければ逆。
スピードが遅いのにエッジングだけ強くすると失速してしまう。
一度失速してプレーニング状態から外れてしまうと、後はサーフィンではなくなってしまうか、実質的には振り出しに戻ってテイクオフからやり直す羽目に。

望む角度まで回ったら、艇を波面と平行に戻す。

一連の動作を、その時の波にあわせたペースで出来るだけスムーズにつなげていくこと。
スポンサーサイト

テーマ : サーフカヤック - ジャンル : 日記

コメント

おぉぉ!

きちんとした理論派のyoshiさんへ

今度、私にもターンを見せてください
教えてください
盗ませてください

いい加減な理論派のトドより

どうぞ!

盗んでください!
そして怪しいアヤシイ理論の泥沼に一緒にハマりましょう!!

なかなか分からないことが多いですよね。
前にこうだと思っていたことが、後で振り返ると違ってたということが結構あります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。