スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凪で漕ぎ漕ぎ

18日も凪。
で、また、I島の食堂に昼御飯を食べに行きました。
サザエご飯定食680円。サザエの炊き込みご飯、魚(スズキ?)の煮つけ、ビナ塩ゆで、味噌汁、お漬け物。
旨かった。
島で働いている知人とも会えて、シーカヤックをアピール出来ました。

隔週で仕事に行っている島なのですが、行く水曜日は丁度食堂の定休日。
船で行けって話もありますが、渡船は往復920円。漕いで行ったらタダ。
920円有ったら、刺身やサザエの壺焼きなど2品位付くんですよね。
旨い定食にありつくためには漕いでいくしか有りません。


島の食堂には福岡市の海面クラブメンバーもいて、帰りは1キロほど 一緒に漕ぎました。
西風が吹き出したところで帆を上げてグループと別れ、K浦に向かいましたが、少しも漕がない内に北東風の逆風が吹き始め、更に下げ潮も始まってしまう始末。
大潮逆潮、おまけに向かい風。


魚影は前回に比べるとだいぶ濃くなってました。飛び魚が飛び、小魚の魚群がちらほら。
でも、漁師に言わせるとまだまだで、釣りは大物はさっぱりとのこと。
招かれざる客もでてました。水クラゲ、肥前クラゲ、赤潮・・


結局、帆の出番はほとんど無く、なんとしても順風満帆の状態を確認したいと船足を伸ばしてK島まで行きましたが、止せば良いのに島を一周している内にまたまた潮を反転して上げ潮に・・・更に夕なぎで風が止まり・・・
肝心の帆の実験は、ゴムバンドで自動的に上がる様に改良した帆を上げ下げする一発芸で海面メンバーから「おー」と笑いを取っただけ・・・

上手くなるのはフォアードストロークばかり・・・
「お前には楽させん!もっと鍛えろ!!」という天の声なのか・・・

K浦930-津屋崎1010-I島1140 1320-K浦1630-K島1650-K浦1730
スポンサーサイト

テーマ : カヌー - ジャンル : スポーツ

コメント

一日漕ぎっぱなしですね。
追い風満帆のチャンスがきっと来ますので、
楽しみがあって良いではないですか!?

やっぱりK浦からの出航でしたか。
920円あれば・・・、は正解でしょう。

それにしても、クラゲが出てきましたね
どうしよう??

セーリングはおまけなんですが、おまけが付いてくるはずと思っていて裏切られると(読みが甘いと)損した気分になってしまうんです。
ケチ臭いですね・・・

事始めブログで面白い記事が読めそうな?!
腹這いのまま、クラゲとディープキスとか・・・

こちらは海水温が低いせいかクラゲの心配は有りません
と言うか逢ったことが有りません。
それより波のりが出来ません
休みのたびにクローズかベタかのどちらかです
おこないは良いはずなのにどうしたものでしょう
異常気象かな?

下手すると命に関わる冷たい海で遊ばないといけないことを考えると、クラゲなんて贅沢な悩みかもしれませんね。
(温暖化の影響でカツオノエボシとか熱帯性のアンドンクラゲがたくさん出るとそう言ってられないんでしょうが。)

”どうしたものでしょう”
これはもう、平日出撃しかないのでは??
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。