スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来たけど・・・

ウェーブスキーは出来たけど、天気がなかなか・・・
九州地方整備局のデータでも風も波もまとまらず・・・
諦めて、田川で遠賀川下りのイカダ作りにいそしんでました。

でも、今日はそこそこ波が有ったんですね。
サーフ仲間も揃ってウェーブスキーの進水には丁度良いくらいだったかも。

ウェーブスキー


出来上がったウェーブスキーは、シートの削り込みがちょっと足らず腰高な感じもする。
"誰でも簡単小波乗りマシーン"にする予定ですが、乗ってみたらコケまくりとなるかも。
明日、波がじわじわまとまってくるようだったら、そして仕事が早く片づけば、進水してみるかなあと思ってます。
スポンサーサイト
コメント

遂に完成したんですね。
おめでとうございます。

土曜日は、雨でBBQ中止になり、進水式ができず残念でした。
日曜日のK浦は大賑わいで波もあったので、進水式日和だったかも。
天気の神様は、ちょっとイジワルですね。
来週は、yoshiさんのウェーブスキーを拝見したいです。

今日はあと少しのところで、日暮れには間に合わずでした。

szakiさんも拝見といわず、ぜひ乗ってみてください!
ウェーブスキーとしてはちょっと重めになりましたが、それでもストライクよりはずっと軽い。
シットオンとして考えればかなりいい線いってるかもです。と、浮かべる前の皮算用。

今度の日曜こそは、天気がよくてそこそこ波がありますように!!

祝 完成

遅ればせながら、
ウェーブスキーの完成、おめでとうございます!

今度の日曜日に進水式予定ですか?
楽しみにしていましょう。。。

いやほんと、
天気が良くて、波があることをせつに祈ります。

いくらか晴れ間がのぞく時間が増えてきましたが、蒸し暑く、海は凪・・・
玄界灘の夏という感じですね。


でも、週末にかけて南西に風が回るようなので、少しだけ期待してます。
今度の土日は両方とも海に出られそうです。

土曜の昼からは田川で、遠賀川下り用イカダのバランスをみるための(仮)進水式もあります。

最近は、明らかに乗ってる時より作ってる時の方が長いなあ・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[祝 完成]

ちょっと重いと有りましたが何kg位になりましたか
船底4ミリ×4枚は改善の余地が有りそうですが?
私のサーフカヤックは4ミリ×1枚です。
其の代わりセンターにストリンガー《厚さ1センチ×2.2㍍》表裏に薄いグラスこれで十分強度が保たれています。

ただいま当直中です。

帰ったら体重計に一緒に乗って量ってみます。
もうちょっと軽く作りたかったのですが、持った感じは普通のサーフカヤックと同じくらいの重さになってしまった感じです。

船底は、リベンジを参考にして平らでなく、中央に内側にへこませたパネル、その外側に少しレール側を持ち上げた形で固定したパネル、後ろ1/3を平らなパネルで作ったので、都合4枚のパネルをS&GとButt strapで継ぎ合わせてます。
外側をクロスで覆い、内側はS&G部をテープで、体重がかかるところはウレタンフォームで補強しています。

ベニヤで作るには凝った形になってますが、果たして凝った甲斐があったのかどうか?
浮かべて、波に乗ってみないとわからないです。


プレーニングのスピードにこだわれば、takaseさんがされてるように、単純に1枚の板を船首方向を持ち上げる形で曲げた方が良かったかも知れません。
軽く出来るし、プレーニング状態での抵抗が少ないと思います。

反面、レールの切り替えとかがシビアになりそうです。
平らな船底だと、片方のレールが抜けた瞬間に反対側のレールが入るわけですから。
takaseさんのサーフカヤックの操作性はどうです?
ターンの時にエッジが食われやすかったりしませんか?


最近、住宅用の1液型吸湿硬化ウレタン系充填接着剤が小型艇のS&Gに使えるという記事をむこうのサイトで良く見かけます。

強度と耐久性自体はエポキシに劣りますが、マリングレード以外の耐水合板を使った船作りではそこまでいいモノ(エポキシ)を使わなくてもいいということのようです。

紹介されているのは、ウレタン系接着剤でフィレッティングしてテープを貼り付けて、さらに接着剤をテープに摺り込んでというやり方です。
それで、どれくらいの強度が出るのか実験をして診ようと思ってます。

Takaseさんはウレタン系充填接着剤(コニシのKU928C相当)を使われたことあります?

たしかに海馬WOの時は1枚で曲げて作りました
テストしてみたらエッジが食われてターンが出来ず
こけまくりました。
仕方なく改造の際にノーズからテールまで角度を付けましたがターンしやすく成った分逆に尻が不安定に成ったようです。
前回の海豹の時の様に尻の後ろあたりで角度を無くした方が安定性の面では良かったように思いますしサイドのフィンにも角度が付きすぎて効きが悪く成ったように思われます(ちょっと余分に傾ければ十分に効きますが)
ウレタン系は記事では見ましたが使い慣れたエポキシがまだ大量に残っているので使ったことは有りません。
私は鼻が敏感すぎるので臭いとかが非常に気になります
し家の中で作業しますので刺激臭が出ると家人に迷惑を掛けますのでもし使われましたらレポート宜しくです。

重さは計ってみたら14.5キロでした。
うーん、ウェーブスキーとしてはちょっと重い。


今、イカダ作りを友人の事務所で頼まれてやっています。
塗装などの任せられる作業のときに、隣でウレタン系接着剤を使ったS&Gで小舟を作ってみようかなと思ってます。

刺激臭や安全性は、1液形ウレタン接着剤が建築基準の屋内4つ星規格を通ってるので良い方に期待してます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。