スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトムターン 69.5

今日は昼過ぎから海に。
ホームの勝浦は乗れるような波が立っていなかったので、ちょっとはましな釣川河口へ。
カヤッカーは居らず、ロングライドできる波が立っている河口部には上手なボードサーファーが多数。
沈脱するような奴はお呼びじゃない感じだったので、東側の消波テトラの切れ目へ。


今日の課題は、ボトムターン。
やっぱり、タイミングが難しい。
早すぎるとただのダイアゴナルランになってしまうし、遅いとボトムで失速してしまう。
リベンジはハルスピードが遅いので、プレーニンング状態をはずすと後は波に押されてサーフィンにならない。(多分もうちょっと痩せれば、もうちょっとましになるのだろうけど。)

スピードをあまり殺さず、ハルの自然なカーブを使ってターンできた(つもりになれた)のは今日は2回だけ。
ボトムターンは、波のボトムでのターンだから、その名が付いたんだろうけど、動作としては艇がプレーニングして加速するときにバウが浮いてくるのを利用して回るターンのようにも感じる。
バウが上がる方向を滑らかに倒していけば、スピードを殺さないボトムターンができるようになるんじゃないだろうか?

等と考えながら、テイクオフを繰り返していると、徐々に波が上がってきて、久々に乗り応えが有る大きさに。
有る程度波が大きくなると、さすがにシットオンより動きが良いので楽。
が・・、今度はロールの問題が浮き彫りに・・・
乱れた波が連続で来る状態だと、上がりきれない。

今日上手になったことは、ジタバタロールの途中で息継ぎをすること、もう少し上手になればエンドレスでジタバタできるかも。
本来のロールではなく、変なテクが身につきそうな気配・・・
いしDさんお勧めのロングロールは、やっぱり平水でしっかり練習してからじゃないと本番でいきなり考えながらはやれない。

大きな反省点は、ジタバタしているときに防波堤に近寄っていたことがあったこと。
自分の今の腕では、近寄ってはいけない場所だった。
夢中になっても、安全マージンはしっかり確保しないといけない。

スポンサーサイト

テーマ : サーフカヤック - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。