スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーフカヤッカーが携行すべき医療品リスト・処置のポイント

遠征等でサーフカヤッカーが怪我に備えて携行すべき医療品リスト・処置のポイントを考えてみました。

怪我対策
 切り傷、刺し傷など
  清潔な水(傷を洗うため)2L位
  イソジンうがい薬(原液で傷の周りの消毒。うがいする濃度に薄めて傷の中を洗う水の消毒。)
  清潔なガーゼ(傷を覆うため)
  バスタオル(割いて包帯代わり。出血が多い時は圧迫止血用)
  透湿性フィルムで出来た絆創膏。
  ガムテープ(タオル・包帯の固定用。絆創膏の端がめくれない様に縁取り補強用)
  抗生物質(一般的な抗生物質に加えて、出来れば海での怪我で要注意のビブリオに対応したテトラサイクリン系も。但し、テトラサイクリン系は骨や歯の成熟を邪魔するので成長期の人は原則禁忌。)

 どくどく出血していて止血困難なら医療機関への搬送を優先。基本は圧迫止血。動脈の走行の知識があれば、止血点の圧迫も可。
(縛って止血は傷口の神経・血管を痛めることも多いので、どうしても止まらない時のみ。)

出血がひどくなければ、先に傷口を洗う。
ここでの痛みはぐっと我慢して、清潔な水を使って傷の奥までしっかり洗う。
シャワーやホースが使えるなら、傷口の中をどんどん洗い流す。

清潔なガーゼで圧迫。包帯やタオルを巻く。
医療機関での縫合処置が望ましい(傷が深い。テープでは寄せられない。関節に近い。麻痺・関節の動きに問題がある。等)は医療機関へ。

自分で処置を続けるときは、傷口の観察を充分に行う。1日2回は清潔な水で傷を優しく洗う。
消毒薬で赤チン等の色がつくものは、傷の観察を邪魔するので使わない方が良い。特に傷ドライはやめたが無難。

傷の痛みや赤みが増す時は必ず医療機関へ。
抗生物質が効かない質が悪い菌も居るし、深いところに入り込んだ異物(棘とか砂とか)があると傷は塞がらない。そういうことが無いかの確認と処置のため。
質の悪い菌(破傷風やビブリオ)が重篤化するときは、怪我をしてから6時間くらいの極早い時期から傷の痛みや腫れが目立ってくる。

傷口を覆う時は、傷に張りつかない、かつ初期は出血や傷から出る浸出液(どちらも菌の餌になる)を貯めないことに気を付ける。
一般で手に入るモノを使うなら、傷に着かないガーゼで傷口を覆い、そのうえを透湿性フィルムで覆う。そして、中に液が貯まったら張り替えるのが一番良さそう。

(破傷風の予防接種。
日本以外の国では野外で活動して怪我をする可能性がある人には五年に一回、破傷風への免疫を維持するためにワクチンを打つことが勧められています。僕も五年毎にうってます。
日本は恥ずかしくなるほどのワクチン後進国なんです。
めったにない医薬品の副作用を、異様にマスコミや一部集団がヒステリックに嫌うのでワクチン接種の勧奨に政府が及び腰になり、各種ワクチンさえ打っておけば大事にならなくて済んだ人が死んでしまっているのが日本の現状。)


 脱臼や骨折など
  固定用の布(バスタオルか、三角布)
  痛み止め(自分の体に合ったもの)

脱臼や骨折は、変形や関節が動かないこと、動かす時の痛みで疑います。
自分でなんとかするのはまず無理なので、なるべく痛みが少ない形で固定して医療機関へ。
雑誌や木の棒などを添えて固定する。
但し、固定する時には締まったり、一部分に圧迫がかからない様に充分気を付ける。
(血行が悪くなって神経や筋肉を痛めることがある。骨折自体より、間違った固定のせいで障害が残る。)

脱臼癖が有る肩など、ほぼ間違いなく脱臼と判断できる時は、あらかじめ正しいやり方を聞いておいて、その場ではめる(整復する)のを試みても良いかもしれません。
(僕の自分の肩脱臼の経験では、自分ではめたんですが、時間が経てば経つほど、痛みと筋肉の緊張ではめにくくなります。)
脱臼かな??と思う時は骨折が隠れていることも多いので、医療機関で必要に応じてX線写真などを取ってもらった方が良いです。
(自分で戻した場合でも、一回はX線のチェックを受けた方が無難)

 痛み止めは使わないで済めば良いのですが、痛みがひどいい時は身動きも取れなくなるので、医療機関にすぐにかかれない場所なら持っておいた方が助かると思います。
スポンサーサイト
コメント

No title

レポートとこの携行品リスト、処置のポイント、ありがとうございました。無理言ってすいませんでした。でも、リスクスポーツをする以上、こういったことは実行でき、かつ知識を持っていたいですね。大変ためになります、ありがとうございました。

No title

肩を脱臼し、フィンで切り・・・怪我とその対処だけはサーフカヤッカーの王道を着々と・・・・

フィンがあんなに危ないものとは実感できてませんでした。やったのが自分自身で良かったです。

でも、怪我の王道もこの辺でストップさせないと・・・
首を折ったりしたら笑えませんからね
カヤッキングの安全確保について復習しておこうと思います。

No title

破傷風の予防接種について、知識がありませんでした。昔、リバーツーリング中に友人が犬にかまれ病院へ。その時、破傷風のワクチンを打たれてました。yoshiさんの印象で、破傷風の発生頻度ってどうでしょう。臨床で見たことあるでしょうか。子どもの頃、裸足で泥遊びしていたら、祖母に怒られました。破傷風が怖いからと。
 肩関節の脱臼ですが、例えば1時間ぐらいたって、筋肉が緊張した状態で病院に行ったら、どのような処置をするのでしょうか?局所麻酔で、太い運動神経が麻痺するまでやるのでしょうか?

No title

破傷風は外傷を見る医者にとって、発症させたら負けという病気です。
幸い僕は発症した患者さんを見ていませんが、破傷風の患者は年間全国で200名前後。うち10名ほどが亡くなっています。
そして、発症・重篤化する人のは子供の時に打ったワクチンの効果がきれた30代以降です。

追加免疫についての話も含め、この資料を読んでいただければ。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/23/263/tpc263-j.html

(資料の通りで、一応報告では厚労省は野外活動者などリスクの高い人への追加ワクチン接種も薦めてますね・・・・が、表立っては言わない。
本当は小中学校の授業で教えても欲しいくらいなんですが。)


肩の脱臼を医療機関で整復する場合、無麻酔で入れられるケースもありますが、1時間となると無麻酔は厳しいかもしれません。時に筋肉がしっかりしている男の初回脱臼の場合は厳しいかもしれません。

麻酔は、まずは肩関節への局所麻酔での整復を試み、それで無理なら全身麻酔をかける場合もあります。

No title

Yoshiさん
 破傷風の予防接種、受けることにしました。今日、ワクチンを注文してもらいました。事務の人に、3種混合の方が、一回でお得感ありですよと言われまして・・。百日咳やジフテリアって、どうなんでしょう。せっかくだから3混の方が良かったでしょうか(笑)?

No title

おっ、さすが動きが早いですね。
でも、本当にお勧めします。

3種混合でも良かったかも・・・
と言うのは最近は小児期のワクチンの効果が無くなった大人の百日咳がけっこう流行ってるんですよ。

http://idsc.nih.go.jp/idwr/douko/2008d/28douko.html
それでも、大人の百日咳は命に関わることはないんであんまり心配はいらないかと。

ジフテリアの方は国内ではあまり発症例もないのですが、十年くらい前、体制崩壊で予防接種を受けられなかった旧ソ連で感染が広がり国際問題となったことがあります。
コッチは命に関わる病気なんで、予防接種の不備で感染者が出ている国に行くときは必ず打っておくべきです。

最近はアフガンでの事例が有名です。http://www.msf.or.jp/news/2003/08/269.php

両疾患とも前出のIDWRの"感染症の話"で調べると詳しくのっています。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_36.html
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k02_g1/k02_14/k02_14.html

おまけ
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/epid/2006/tbkj2712.html

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どうぞ。良ければ使ってください。

使い込んでささくれてきたフィンを手入れするときは、抵抗に影響しやすい前方のリーディングエッジを滑らかにするだけでなく、後方のトレーリングエッジの形成もちゃんとやることが怪我防止のためには大事だなとも思いました。
(それで今回の怪我が防げたかどうかはわかりませんが・・・)

orthopaedic surgion

yoshiさん
sea kayak を最近はじめたknee surgion
です。yoshiさんの40歳からはじめたモチベーションに
敬服です。色々と教えて頂けたら嬉しいです。

No title

romakunさん、こんばんわ。
同じ趣味の同業者は嬉しいです。
こちらこそよろしくお願いします。

カヤックは膝の患者さんの全身持久力トレーニングにも良いのですが、変な漕ぎ方をしてなければ原則的にオーバーヘッド動作がなく、腱板に負担がかかることも少なく意外と肩にも優しいいんですよ。
(一番ストレスがかかるのは手関節ですね、僕の場合。)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。