スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日

翌朝は波は少し落ちていたけれど乗りやすい波が立っていた。

ときどき、あっちゃん(年上と判ったから”あっちゃんさん”と書いていたけど、語呂が悪いので止めよとのご本人からのお達し)がサイドランで突っ走っていく。さすがに速い。


午前中、自分はサダッチさんの乗り方を参考に波の高い位置をキープするようにしてみる。
波のパワーゾーンは一般にボトムに向けて先細りなので、ボトムでのポジションは気をつけないとすぐにパワーゾーンを外れてしまう。
波の真ん中から上くらいでターンができる形の波なら、ボトムに降りないほうがパワーゾンをはずし難いみたい。

逆に考えると、ボトムターンをするなら、狭いパワーゾーンをはずさないように、ターンを入れる位置と曲がりの緩急を工夫しないといけないんだろう。
今まではボトムターンでスピードを稼いで、あとは横に走ることだけを考えていた。
雑に波頭から遠い時は波頭側に向かうテイクオフを、深い位置からは波頭から遠ざかるテイクオフをしていたけれど、もっと考えてテイクオフしないと。
その日の波をよくみてパワーゾンの動くパターンをつかんでおいて、必要があれば一度失速させてでも急角度で切り上がる方が結果的に速い動きにつながることもあるのかもしれないと思う。


昼は喫茶K&Iでホットサンドをいただく。
自分ではカップめんとカロリーメイトしか予定していなかったので、かなり幸せ。


Koji 君の7に乗せてもらう。
以前szakiさんがkoji7で沈脱しひどい目にあったのを見ているから、「今度はいじってないよね」と確認して乗ったけど・・・
シートが高い・・・グラグラする。
Koji君は65キロ、僕は73キロという差も不安定さを大きくしているんだろうけど、よくこれで乗っている。

乗ってみると7はリベンジに比べて沖出しがずいぶん楽。パドリングでよく進む。
波に乗っていると、前後の荷重にずいぶんと敏感(高いシートのせいもあると思うけど)で、バウを下げるとすっとスピードが乗るし、逆にバウが上がるとすっとターンが決まるけどすぐに失速する。
(そういえば、夜の飲みでszakiさんが、スキーのようにためを作りながら乗ると7は良く走ると言っていた。
バウを下げて加速、上げてターンというリズムを崩さずに乗ると7は良いということなのかもしれない。)
サーフィンする前の状態でエッジを入れたときも、逆方向に切れ込むような動きはなくて素直にエッジを入れたほうにターンしていく。

テイクオフ後は全体として前荷重でスピードを乗せていくのがリベンジより楽。前加重した分だけスピードが乗る。
バウがラウンドハルに近いリベンジと違って、7はバウの方までボトムがフラットになっている。だから、前荷重でもプレーニングが保てるのだろうか?

プレーニングした状態での前後のエッジの入り方、水のかみ方を確かめたかったけれど、慣れない艇はやっぱり難しいし、シートが高くてロールに自信が持てず返却。


その後、波は段々と落ちてきていたけれど、うまいこと初心者ボードサーファー集団が他のボードサーファーをブロックしてくれているポイントを発見。初心者のボードサーファーの集団がダンパーになる波が少ないグーフィー側に陣取って、少しダンパー気味のレギュラー側は誰も出てこない。その集団をまたいで上手な人が出てくる事も無い。
おかげでレギュラー方向は僕一人。
昨日練習したバウラダー気味のブレースで波のトップに向かう練習を繰り返す。
なかなかいい形にならない。引き上げが足りなかったり、トップに上がれてもスムーズにターンに入れなかったり。

いよいよ波が落ちてきたので、河口で他のみんなと合流。
怪我をしてから、他のサーファーに近寄るのが怖くなったので、イマイチいいポジションを取れない。
ぽつぽつと乗って終了。


最終日の夜は別の鳥料理屋さん、ここもまた美味かった。
そして、まじめなサーフカヤック談義に花が咲く。

話の中で、どうしてあんな文(このブログ)になるの?と聞かれる。
本当にお題の通り”覚書”で練習記録なので、自分なりに色々考えて(本に書いてあることも参考に)言葉にしてると説明したけど・・・
本当に上手く乗れるようになれたら、言葉では言い表せないコトが出来るようになるのだろう。
言葉にできるコトも満足に出来ない自分に、言葉にならないコトが出来るとは思えない。


みんなとお別れして帰るころには、疲れてお腹も一杯。
当然のように眠くて眠くて、平らな道がゆらゆら搖れてくる。
仮眠をしまくりながら、なんとか車をころがして家に着いたのは翌日の昼近くだった。
スポンサーサイト
コメント

No title

波が小さめの時は、いきなりボトムまで降りるのではなく、テイクオフして直ぐにサイドへ行き、トップターンからボトムターンもどきのアップ&ダウンへ移行した方が良いそうです。 出来ないけど・・・

ところで、長崎には行けたのですか??

No title

長崎にはいけませんでした。眠くて、眠くて・・・・
それで、ドーピングの必要性を感じたんです。

ボトムまでおりずに波の立ったところを使って加速した方が良い場合がやっぱり有るんでしょうね。
乗った瞬間にそれを感じて調整が出来るようになれたら良いなあ。

No title

yoshiさん、来週BBQこれますよね?

No title

koji君
せっかく声を掛けてくれているのにゴメンなさい。
土曜の夕方からは九重に向かわないといけません。

宮崎でその話をしたら、さだっちさんに波より山を取るのか!って言われましたが・・・、
山登りは3カ月前からの先約なんですよ。

No title

あっちゃんさんの指摘はズバリだと思います。

 まだ、カヤッカ―にはアップス&ダウンズとトップターン、ボトムターンの違いをはっきりセパレイトして考えたり、使い分けれる人はあまりいないように思います。重要なトコだと思います。

 yoshiさん、私は「あんな文」のファンですので、今後も期待しています。山、楽しんできてください。

No title

jogoさん
自分の中で、言葉に出来ることを増やして、また言葉に出来ないことの間のギャップも少しづつでも埋めていきたいと思ってます。


文章にしてしまうとどうしても断定的になってしまって、他の人のスタイルや考え方と食い違う点も表に出てきます。

でも、お互い考えてることが判らなくて、「何考えてるんだ?」となるよりは、「そうだと思う」「そこは違うと思う」という話になった方が良いかなとも思うんですよね。

No title

残念です。

九重は、いいでしょうね。
法華院温泉行ってみたいな~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。